これだけはやっちゃダメ!審査のNG

これだけはやっちゃダメ!審査のNG

キャッシングの利用には、審査が欠かせません。審査とは、債務返済能力があるかを金融機関が判断するためのものです。勤続年数や年収、家族構成などを申告し、さらに信用情報と併せて審査を行います。つまり「融資するにあたり、信用できる相手か?」がポイントになります。ここで大切なのは、信用を損なわないことです。絶対にやってはいけないのが、年収や勤続年数を偽って少しでもよく見せようとする行為です。虚偽の申告は、審査の過程でほぼ100%バレてしまいます。金融機関は不信感をもち、融資を断られたり融資限度額を大幅に下げられる可能性大です。すぐにお金が必要で、どこでもよいから早く融資を受けたい…と、複数の金融機関に申し込みするのもお勧めできません。金融機関からすれば、「複数の金融機関に融資を申し込む人→とてもお金に困っている→返済能力が無い人」と考えるのも無理はありません。スピード審査、即日融資をうたっている金融機関はたくさんあります。急いでいても複数の申し込みは避け、短時間で融資をしてくれる金融機関に絞ることをお勧めします。誰かにお金を貸す時、嘘をつく人、手当たり次第に借金を申し込む人には貸したいと思いませんよね。審査も同じことが言えそうです。