職業によって審査の通りやすさが違う?!

職業によって審査の通りやすさが違う?!

キャッシングの審査では、職業によって「通りやすさ」があるといわれます。やはり収入が多く、安定した職業は審査もスムーズです。その代表が公務員。人員削減や給与カットなど公務員を取り巻く状況も厳しくなっていますが、一般の会社員と比べれば安定感は抜群です。弁護士、医師など年収が高いといわれる職業も、審査に通りやすいでしょう。会社員なら、会社の規模や勤続年数などで判断されます。経営が安定している企業なら、問題なく審査に通ります。一方、フリーランスで働いている人にとっては、少々不利かもしれません。年収が安定していない人が多く、返済が滞るかもしれないとみられてしまうからです。審査の際には、金融機関から本人確認などの意味で職場に在籍確認の電話がかかってきます。フリーランスでは在籍確認もできないため、金融機関も慎重にならざるを得ません。自営業の人も同じ理由で審査に通りにくいケースがあるようです。主婦、学生は安定した収入が無く、パートやアルバイトの人が多いので厳しいでしょう。しかし自営業者向けのカードローン、学生ローン、主婦でも利用できるフリーローンもあります。職業で諦めず、融資条件を満たせるローンを探してみましょう。